<   2005年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

見えないぜ。ふぅ~

一文字除くとキケンな言葉に一歩近づく柔軟剤「ダウニー」を使ってみました。
原液の匂いが強烈です。
日本のものとは違いますな。さすがアメリカ。

ついでに、ボールディスペンサーも購入し、試してみました。
これはなかなかアイデアものではないでしょうか。
名前の通り球形なのですが、使い方は容器の中に柔軟剤を入れ、栓をし、洗濯ものの一番上において、あとはスイッチを押すだけ。
そうすると、洗い中は栓を閉じたままなのですが、濯ぎになると栓が開いて柔軟剤が外に出るというしくみです。

洗濯機についている柔軟剤口を使えば良いという方もいると思いますが、実は洗濯機は激汚れなわけで、柔軟剤口のどこかが詰まっていたりしたら、完全な状態で使えないわけで。

回る部分と外壁の間の汚れは凄いことになっているかもしれないですよ。
きっと、洗濯機につく汚れは衣類につく汚れに対して落ちる洗剤では対応できないのでしょう。
もしかしたら、餌になっているのかもしれない。
しかも、水もかなり供給される環境。

というわけで、今日は洗濯機自身を洗濯する日。
そのための洗剤は高いです。
1回が洗濯用洗剤1箱分くらいします。

みなさん、気をつけた方がいいですよ。
[PR]
by phonetic | 2005-12-29 18:17 | ひとりごと

悪魔な連絡

今日は研究室の忘年会。
物性理論全体で集まったので、それなりに数がいました。
なかなか楽しかったです。
いろんなハプニングありで。

今日は中華だったのですが、そこの独特なお酒も試してみたり。

でもそこで、母親からメールがありました。
授業料半額免除という内容でした。
もうがっかりです。

というわけで飲みなおすことにしました。
[PR]
by phonetic | 2005-12-27 01:08 | ひとりごと

お弁当

弁当を持ち出してから今日で5日目です。

そこで、思うことは品数を作る気にならんということ!!
品数を増やすということは鍋類を多用しないといけなくなり、具沢山の一品料理を作ることに。
そうすると、いろんなだしが出て美味しく、一品料理と思えば豪華な感じもしますが、如何せん、遠目で見ると品数の少なさが気になり、見た目のインパクトが欠けるなぁと感じます。
それを解消というわけで、りんごや梨、みかんなどといった果物でその問題を見えにくくしてますが。。。

普段、品数たくさんのお弁当を作っている人は凄いですね。
それも毎日、メニューを変えたりと工夫を凝らしている。
実践してみて圧巻です。

ぼかぁ、品数を作る気にならんとですよ。
しかも、毎日、異なるメニューを作る気にもならんとですよ。

でも、今日は少し気合を入れて、いつもの「野菜と豚肉のトマト煮込み」にさつまいもご飯を持参。
2つのタッパ(弁当箱ではない)を持参するのは始めて。

何か、こつはないでしょうか?
これから探ってみます。


ところで、接頭語の「御」という字の「お」と「ご」の違いは気になっていたものの、調べもしていませんでした。
しかし、昨夜の「世界一受けたい授業」という番組で知りました。
一般的には、漢字の前には「ご」が、ひらがなを含む言葉の前には「お」が、原則的につくということです。
しかし、例外としては、優しい言葉で話す場合、女性の使用する言葉として「お返事」などが一般的に広まったそうです。

ふむふむ、タイトルの「お弁当」は原則的には「ご弁当」ということに。
でも、「ご弁当」という言葉は聞いた事がないような感じもしますよね。
「お弁当」の普及活動のおかげでしょうか???
[PR]
by phonetic | 2005-12-25 15:58 | 料理

電磁波を感じないんですけど…

今日はずっと停電。ラヂオで聞いた電力会社の情報によると、「復旧の見込みなし」とさ (-.-;)
レンジでお湯を気軽に温められないのは痛いぞ。暖房も使えないしさ~。
それに停電だからお店もやってないしさ~。
と弱気になる本日 (>_<)
[PR]
by phonetic | 2005-12-22 13:14

今週はがつがつ

月・火のお昼ご飯は日曜日に作ったカレーピラフを持参し、あとはりんごとみかん、人参ベースの野菜ジュース。

3日目のお昼ご飯は変えたいなぁと思い、野菜と豚肉のトマト煮込みと梨と野菜ジュース。それと、ご飯を炊き忘れてたのでパン屋でクランベリー入りのパンを購入。
トマト煮込みは美味しゅうございます。
冬にトマト煮込みは絶品じゃあなかろうか。
豚肉は肩の部分の切り落としでアメリカ産のものが安かったので購入したのですが、予想していたよりも柔らかく美味。
少し臭みがあるかもしれないけど、煮込むと肉がほつれてました。
こくを出すためにベーコンを入れたのですが、これも良い。
野菜も具沢山。人参、玉葱、牛蒡、大豆の水煮、エリンギ、マッシュルームとトマトの水煮。

今回の野菜と豚肉のトマト煮込みは自画自賛の出来でした。
ただ、梨は季節外れなせいか、瑞々しいのではなく水っぽかった (^^;

これで、栄養ががっつり取って、さくさくと計算がうまくいかないかな。
年明けの旅行が大変なことになってしまいそうだ・・・
[PR]
by phonetic | 2005-12-21 14:00 | 料理

お菓子評価

たぶん、久しぶりだと思うお菓子評価。

セブンでかぼちゃ、キャラメル、コーヒーチョコレートのアイスを購入してみました(それぞれは別々の日に購入。一応、解説)。

かぼちゃアイスは少しかぼちゃのざらつきがあるものの、かぼちゃの香りがふんだんで美味しゅうございます。濃厚な感じ。
キャラメルアイスはお菓子のキャラメルの味ではなくプリンのキャラメルの味に近く、これも美味しい。そんなにしつこくない。
コーヒーチョコレートアイスはコーヒーの香りは良いものの、アイスとして味が淡白。


冷蔵庫にあったファミリーパックのアイスがなくなって、当分、アイスとはおさらばと思ったのですが、そんなに長くは離れている存在ではなかったようです。
[PR]
by phonetic | 2005-12-20 12:07 | 氷菓子

イングランドさんたちよ~

世界クラブ選手権でリバプールがサンパウロに負けました。

僕は後半から見たのですが、リバプールはほんとにゴールに嫌われてましたね。
あれだけのシュートをはなっておきながらノーゴール。
でもそれだけの力をサンパウロに感じました。
スタミナが凄いです。
で、はっきりとしたオフサイド・トラップも。
リーセを始めから見たかったな。

マンチェスター・ユナイテッドに続き、リバプールも負けました。
ショックです。
でも、リバプールは世界クラブ選手権で負けたのであって、チャンピオンズ・リーグではまだ勝ち残っている。


あやうく、このショックで夕飯を作る元気を失いそうになりましたが、なんとか建て直し、カレーピラフをフライパン一杯に作りました。
うまし。
[PR]
by phonetic | 2005-12-19 16:30 | ひとりごと

春って、まだですか?

金曜日の夜から雪が降ってます。
土日の昼は晴れてたようですが(土曜日はずっと引きこもってたので外の様子がわからないとです)、夕方になると降り始める・・・

寒かとです。
霜焼けに負けそうです。
その前にお腹冷え冷えです。

雪で有名な新潟県ですが、僕が住んでいるのは新潟市なのでそんなに積もらない。
でも、大学から多少遠いとこに住んでる僕にとっては、雪が少しでも積もると大ダメージ!!
大学に行く気力すらなくなります。

シャーベット状の雪を通りすがりの車にかけられたら、殺意(土田風)すら覚えます。
だって、スピードを緩めず、僕のすぐ横を通過。
今日は久々にむかついた (×_×)
これだから、歩道のない道は危険。
まあ、歩道を歩いててもバスがやってきたら回避は困難ですけど。

去年は12月に夏がやってきたのですが、今年は夏とまでいかなくても、1度くらい春がやってくるという異常気象はないのでしょうか?
せめて、少し暖かい日だけでも・・・
雪の降り出しの時期にこんなことを思ってます。
2月は凌げるのでしょうか?
生まれてからずっと新潟に住んでいる僕が言うのもなんですけど、、、
先行き、不安です。

冬の新潟はそんな日々。
[PR]
by phonetic | 2005-12-18 16:37 | ひとりごと

こみゅにけーしょん

最近の僕は英語で会話が出来なくなっております。

今年は数回、海外の方と会話をする機会があったのですが、撃沈 (^_^;

マレーシア出身のマイケルとアメリカ出身ぽいキャプテン、インドネシア出身の17歳の娘がいるようには見えないぐらい若いんじゃない女性、イスラエル出身ぽい女性との日常会話。
ええとですね、さっぱり分からんとです。というわけで、自閉モードに陥ってみたり。

所は変わって、ポスターセッションで「"daitai" understand」とドイツの先生に言われてみたり。

やっぱり一番ショックだったのは、飛行機の中で相席になったオーストリア人女性との会話がぐだぐだだったこと。
相手は気遣ってくれたのですが、その気遣いにすらついていけない状況。
申し訳なかとです。


というわけで、気合入れにTOEICを受けてみようと。
そのために英語を思い出しさらにパワーアーーップしようと思い立ちました。
いや~、本のTOEIC模試をやってみたらひどい点数。
ひでーよ、ほんとに。

「こみゅにけーしょん」を「communication」にすべくやりまっせ。


とりあえず、この凹みから脱出すべく、「牛乳と卵でつくったなめらかプリン」を食すことに。
フタを開けると、すがあいており家庭的な感じ。
食べてみると、やはり家庭的な味。
たまに食べてみると、うまし。
[PR]
by phonetic | 2005-12-14 23:27 | ひとりごと

戦い

本日、3月末にある愛媛で開催される学会の航空券とホテルの予約をしました。

長い戦いだった...
[PR]
by phonetic | 2005-12-12 19:33 | 旅行