見えないぜ。ふぅ~

一文字除くとキケンな言葉に一歩近づく柔軟剤「ダウニー」を使ってみました。
原液の匂いが強烈です。
日本のものとは違いますな。さすがアメリカ。

ついでに、ボールディスペンサーも購入し、試してみました。
これはなかなかアイデアものではないでしょうか。
名前の通り球形なのですが、使い方は容器の中に柔軟剤を入れ、栓をし、洗濯ものの一番上において、あとはスイッチを押すだけ。
そうすると、洗い中は栓を閉じたままなのですが、濯ぎになると栓が開いて柔軟剤が外に出るというしくみです。

洗濯機についている柔軟剤口を使えば良いという方もいると思いますが、実は洗濯機は激汚れなわけで、柔軟剤口のどこかが詰まっていたりしたら、完全な状態で使えないわけで。

回る部分と外壁の間の汚れは凄いことになっているかもしれないですよ。
きっと、洗濯機につく汚れは衣類につく汚れに対して落ちる洗剤では対応できないのでしょう。
もしかしたら、餌になっているのかもしれない。
しかも、水もかなり供給される環境。

というわけで、今日は洗濯機自身を洗濯する日。
そのための洗剤は高いです。
1回が洗濯用洗剤1箱分くらいします。

みなさん、気をつけた方がいいですよ。
[PR]
by phonetic | 2005-12-29 18:17 | ひとりごと
<< あけました 悪魔な連絡 >>