僕の「今日行く費」

Yoshi-Aki君の「今日行く費」が気になったので、少し思考。。。
たまに家族と話し合います。
でも、見て見ぬ振り、聞かぬ振り状態だったので、良く覚えてません。

というわけで、僕の場合も計算してみました。
その他の部分はYoshi-Aki君のものを借用。
僕の場合もだいたいそんなもんでしょ。
在学時経費が分からない部分は現経費で計算。

それでは行ってみよー
____________________________________________________

○学校
小学校 (市立)
その他 500,000円
小計   500,000円

中学校 (市立)
その他 350,000円
小計   350,000円

高校 (県立)
入学金   5,650円
授業料   9,600円×12ヶ月×3年間
その他 350,000円
小計   701,250円

大学 (国立)
入学金  282,000円
授業料 520,800円×3.5年間 (半期分全額免除)
小計  2,104,800円

大学大学院 前期+後期課程 (国立)
入学金 282,000円×0.5 (半額免除)
授業料 535,000円×0 (今まで全額免除、これからもその予定)
小計   141,000円

中計   3,797,050円

○一人暮らし
家賃+光熱費など 80,000円×12ヶ月×9年間
小計   8,640,000

合計   12,437,050

○借金
奨学金  42,000円×12ヶ月×4年間
      87,000円×12ヶ月×2年間
     122,000円×12ヶ月×3年間

合計   8,496,000


*ちゅーい*
深夜3時頃にちょこちょこ調べただけなので、間違ってるかもしれないよ。
____________________________________________________

小学校から大学院まで公立で免除があるから、学校の部分は意外と安い。
授業料免除は意外と採用されるという情報を頂いてから申請してるんですが、これが100%採用。
これが大きいですね。
「最初から申請しておけば良かったね」が家族との会話。
「もし」が叶えば授業料だけで
50万強×9年間≒476万円
の免除はでかい!!

しかーーし、一人暮らしを9年間は半端じゃない経費がかかる。
新潟の安普請が幸いしているが、学校の部分とは比べる必要がないぐらいかかる。

その結果、約1243万円もかかってます。
高いね~(^^;


そしーーて、奨学金という恐ろしい借金を抱えているのです。
危険。約850万円をこつこつと返さねばならない。
月賦1万円にすると約70年かかる。
恐ろしいです。

残りの学生生活をがつがつ邁進して、大学院後期課程分の
122,000円×12ヶ月×3年間=4,392,000円
は全額免除して頂けるように頑張る所存です。

システムが変更して良かったと解釈します。
旧システムは(受給期間×3年)の期間だけ指定職業で勤めれば免除されたのですが、現システムでは卒業時の成績・成果で免除かどうかが決定するんですよね。


両親には感謝です。本当に。
小学校6年間+中学校3年間+高校3年間+大学4年間+大学院(前期+後期)5年間=21年間
が学生期間ですからね。
そして、親孝行を私はいたしますよ。
ええ、きっと。
[PR]
by phonetic | 2005-12-07 03:25 | ひとりごと
<< うくく。 遅い朝 >>