かっこええ男

一昨日は女性にぐっときたので、昨日はかっこええ男を見ました。

タイトルは「インファナル・アフェアⅢ」。
アンディ・ラウはかっこええけど、トニー・レオンは別格やね。
でも、Ⅰの無精ひげ姿があまり見れなくて残念。
そして、内容的にもつまんなかったな。
初め方も終わり方も。

期待をしすぎてたせいかな。
Ⅰでトニー・レオンとアンディ・ラウはやっぱりかっこええなぁと思って、ⅡではⅠ程の衝撃は受けなかったけど、フランシス・ン演じるハウのスマートな振る舞いにかっこええと思って、Ⅲはどう展開するんだと期待しすぎました。はい。

ただ、広東語と北京語の響きが全く異なると分かったのは大きかったです。
もちろん、何を言ってるのか分かんないけどね。
[PR]
by phonetic | 2005-10-24 13:09 | ひとりごと
<< ちょっと下降気味 白石さん >>