足湯

足湯をやってみました。
使用したアロマオイルは大橋マキ女史おすすめのゼラニウム。

四角いたらいに41℃のお湯をくるぶしのちょい上まで注ぎ、ゼラニウムを数滴。
もう、足を入れた瞬間から至福の世界に旅立ちました。
そして、温まったら、お湯を注ぎ足し、ゆっくりと44℃に上げます。
もう、足の裏に感じる温度がくすぐったくて気持ち良い。
それと20分ほど。やりすぎはよくないとのこと。

足湯を終えた後、あまりの気持ちよさにずっと、足の裏をなでてました。
これはすんごい (^o^)




それからラベンダーのアロマオイルも購入していたので、バスタブに数滴垂らし入浴してみました。
お湯をはるときに垂らしていたので、風呂場の扉からかすかにラベンダーの香りが漂ってくるのです。
これだけで、期待大!!
1時間くらい新鮮な気持ちで入浴できました。


今回がアロマオイルでびゅうなわけですが、これは凄い効果がありますね。
次はアロマポットを使ってみようかな。
あと、ジュニパーのアロマオイル。
これも大橋マキ女史おすすめ。

それと、ゼラニウムは神経のバランスをとる働きがあるようです。
だからかな、研究室で効率が悪いときは、手を洗って、Aesopのゼラニウムの香りがするボディ・トリートメントをつけたくなるのは。
これもなかなか良いんです。

やっぱり香りって、凄い効果があります。
香りをかぐ事により、脳が怠慢になっていたり使用していなかった部分が活発になるのでしょうか。
[PR]
by phonetic | 2005-10-21 13:35 | ひとりごと
<< チャイと魅せる ピークは過ぎたのかなぁ >>